アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、ソフトクリーム、違いがわかりますか? - 口コミ・勧誘なしのネットビジネスで夢と自由を手に入れた!

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、ソフトクリーム、違いがわかりますか?

調べものしながら、収入獲得のチャンス!

アイス2.jpg

小さいころからよく食べている『アイス』ですが、
みなさん3種類あるのを知っていますか?

乳成分の量によって種類分けされている



アイス.gif

◎アイスクリーム・・・乳固形分15.0%以上(うち乳脂肪が8.0%以上)入っているもの
一番オイシイやつですね。できるだけアイスと言ったらアイスクリームを選びましょう!

◎アイスミルク・・・乳固形分10.0%以上(うち乳脂肪が3.0%以上)入っているもの
2番目に良い物です

◎ラクトアイス・・・乳固形分3.0%以上
一気に乳固形分の量が減りますね

乳固形分が多い、少ないとどう違うのか



乳固形分、乳脂肪分が多く含まれていると滑らかさ、口当たりの良さが良くなり、
コク、ミルクの風味が増します。

また、市場には様々な商品がありますが乳固形分、乳脂肪分の少ない商品は
合成甘味料や添加物を含んだ商品が多く、あまりおススメできません。

◎パーム油
◎クチナシ黄色素
◎乳化剤
◎安定剤
◎増量剤
◎カラメル色素

この辺りに成分が入っていると注意が必要で避けたほうがいいですね。

ソフトクリーム、ジェラートって?



乳固形分によって名称が変わるとのことですが、
じゃあソフトクリームはどれに分類されるのか?

実際、『アイスクリーム』の分類ですが、工程の違いで名称が変わります

アイスクリームは-30℃で冷却されて固められていますが
ソフトクリームは-5〜-7℃となっており、
固めずに滑らかな口当たりになっています。

ジェラートは乳脂肪分が5%程度となっているため
『アイスミルク』に分類されます。

しかしアイスに比べて空気含有分が30%程度で少なく密度が濃く味にコクがあります。
(アイスクリームは空気含有分14%程度)

また、ジェラートは果実や果肉をよく使われていることが多く、
素材の味を楽しめるものが多くあります。

アイスといっても様々な種類がありますが、好みで選ぶのが一番です。
(添加物を含んだ商品はなるべく避けるのがいいですが)
私は手軽に食べられる『ピノ』が好物です。

みなさんも夏向け、気に入ったものを楽しみながら食べましょう!

ピノ.jpg

アイスを食べながら在宅ワーク、その方法はこちらをクリック!
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
 70cashback_728x90_en 無料登録のキャッシュバックサイト誕生!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。